未分類

小室圭の母親佳代の現在は引きこもりで激ヤセ?画像は?母のピンチ緊急帰国も!

世間を賑わせている小室親子の母、あの小室佳代さんが激ヤセしているとのことで大変話題になっています。

小室佳代さん激やせ情報の概要

小室圭さんが国際弁護士を目指し、渡米してからまもなく1年が経とうとしている。

そんな中、姿を見せていない小室さんの母・佳代さんについて、小室さんの実家マンション周辺に住む男性から気になる証言が入ってきた。

「最近、久しぶりに佳代さんを見かけました。深夜だったのですが、顔ははっきり見えました。かなりやせていてびっくりしました。以前のふっくらとした顔をイメージしていると、目の前にいても、佳代さんだとは気がつかないかもしれません。息子さんが留学してから、近所の人たちもまったく見かけないと話していたので、なおさら驚きました」

佳代さんは以前働いていた洋菓子店にも出勤している様子はない。ほとんど外出もせず、部屋に引きこもっているということだろうか。

「留学に関しても、お母さんはすごく寂しかったと思うんです」

 

5月に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、小室さんの親友だという男性はこう語っていた。小室さんと佳代さんは“一卵性母子”と称されるほど、絆の強い親子だ。

「本人も(日本に)帰ってきて、とくにお母さまに、すごく会いたいと思いますよ」

 

そう話す友人男性は、小室さんの母親思いぶりを示すエピソードも披露していた。

「ディズニーランドに5人で行ったときも、初めとか帰るときではなくて、途中で何回も母親に電話したり。普通であればディズニーランドで親に電話するってなかなかできないと思うんです」

佳代さんが夫を亡くしたのは、小室さんが10歳のとき。それ以来、佳代さんは一人息子である小室さんが“人生のすべて”と言っても過言ではないほどに、愛情を注いできた。

「X氏から援助を受けたお金も、多くが小室さんの学費や留学資金に充てられています。愛する息子にもう1年も会えずにいるわけですから、佳代さんの喪失感は想像を絶する大きさなのだと思います」(皇室担当記者)

佳代さんが憔悴するなか、小室さんは帰国できないまま夏休みを終えようとしている。前出の友人男性によると、小室さんは留学当初、この夏休みに一時帰国する予定だったが、断念したのだという。番組で友人はこう語っていた。

「ニューヨークからの航空券も安くはありませんし、帰国すると、マスコミや護衛の人も巻き込んで、友人、知人、多くの人に迷惑をかけてしまうから今回は見送ると言っていました」

NY留学のさなか、最愛の母が苦悩の“激やせ”――。小室さん自身も、気が気でないはずだ。

引用:女性自身

2018年2月に小室佳代さんが蒸発した、現在はどこに?という報道がされました。そこから佳代さんは世間に姿を現すことがなくなり、この報道です。ということは、もしかしたらずっと横浜のマンションに引きこもされていたのかもしれませんね。




小室佳代さんの激ヤセ画像は?

写真を探しましたが、見つけることができませんでした。引きこされていて、ご近所の方の証言も真夜中ということなので本当に人目につかないように生活をされているのでしょう。

小室佳代さん激ヤセについてのネットの声は?

https://twitter.com/kobinata12/status/1156402242536103938

お母さんが働いて少しづつでもお金を返したほうが世間の印象は良いと思うのですが。

婚約解消すればいつでも息子さんと好きなだけ会えますよ。

このたかり体質の母子の尋常でない繋がりは気持ち悪いし問題だと思う。とても皇室の縁戚にふさわしいとは思われません。子離れできないようなら、良い機会だから早く破談にして欲しいと思う。

お母様が会いに行けばいいだけの話。
それすら出来ない金銭事情なら、眞子さまとこれからどうやっていくつもりだったのかと?
そういった目先のことすら解決出来ない家庭の御子息と宮家の御息女とでは婚姻することは難しいのでは?という部分ですよね。

素朴な疑問。
引きこもりとあるけど、仕事をしないでどうやって生活しているんですかね??

息子のほうは案外平気で、気にもしてなかったりして。

マザコンが良いか悪いかは別として
マザコンと結婚すると本当に苦労する。

二人の事は 正直 どうでも いい
ただ 我々の血税を使う事は 許せない。

圧倒的多数で個人をここまで貶める権利があるのだろうか疑問に思う

小室佳代さん激ヤセについてのまとめ

画像は見つけ次第に追加させて
ここまで精神を病まれるぐらいなら、少しづつでもお金を借りた方へ返された方が国民の反応も変わってくるのに…。もし私が圭さんなら、母親にそう諭すと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。