TV番組

マスオの声優が変わった理由は?新しい声の田中秀幸が渋くてかっこいい!

人気番組サザエさんのマスオさんが8月25日から、新しい声の担当の田中秀幸さんになりました。

前の声優の増岡弘さんレスの悲しみの中でも、田中秀幸さんの声が渋くてかっこいいと話題になっています。

そんなマスオさんを務めていた増岡弘さんの引退理由や新しい声について調べてみました。

増岡弘の引退(交代)理由は高齢卒業!

8月5日に増岡弘さんご本人の申し出により、2つの番組(サザエさんのマスオ役、アンパンマンのジャムおじさん役)を降板されました。

増岡弘さんは現在82歳で、1978年から二代目のフグ田マスオとして41年間ずっと同じ役をこなされていました。

41年間ですよ!もう増岡さんには感謝しかありません。

「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛」などの独特のイントネーションと表現。
この声が聴けなくなったとなると、とても寂しい思いです。

増岡弘さん、今まで楽しいアニメをたくさんありがとうございました。

田中秀幸のマスオさんが渋くてかっこいい!

 

三代目フグ田マスオさんの田中さんの声が渋くてかっこいいと話題になっています。

田中秀幸さんとはどのような人物なのでしょうか。

田中秀幸さんのプロフィール

名前 田中 秀幸(たなか ひでゆき)
性別 男性
出生地 東京都大田区
生年月日 1950年11月12日(68歳)
血液型 B型
身長 172 cm
職業 声優、俳優、ナレーター
事務所 青二プロダクション
配偶者 あり
活動期間 1974年~

なんと、田中さんの年齢は68歳!声が若くてビックリです。

なぜならマスオさんって原作だと32歳とされていますからね。

声優以外にもナレーションもされており、田中さんの声を耳している人は多いはず。

↓ナレーションをしている田中さん

田中秀幸の代表作

名探偵コナンの工藤新一の父親『工藤優作』を始め、たくさんの声を担当されている田中さん。

見たことあるキャラばかりだと思います。

田中秀幸のキャラクターまとめ

田中さんのキャラクターまとめ

・ドカベン

・機動戦士ガンダム(ウッディ・マルデン)

・宇宙戦艦ヤマトIII(土門竜介)

・戦国魔神ゴーショーグン(キリー・ギャグレー)

・戦国魔神ゴーショーグン(キリー・ギャグレー)

・Dr.スランプアラレちゃん ペンギン村英雄伝説(ナレーター)

・キン肉マン(テリーマン / キン肉マングレート等)

・シティーハンター(槇村秀幸)

・DRAGON QUEST -ダイの大冒険(ナレーション)

・名探偵コナン(工藤優作)

・ウルトラマン(ゾフィー)

・ONE PIECE (ドンキホーテ・ドフラミンゴ)

などなど

 

声の幅の広さに驚きです。

カードキャプターさくらのお父さんのような優しい喋り口調から

激しい話し方のワンピースのドフラミンゴまで変幻自在の声優さんなんですね!

↓0:35秒辺りからお父さんの声が聴けます。

↓ワンピースのドフラミンゴの声

 

↓ベイカー街の亡霊でのホームズの名言

田中さんの声は低くて聞き取りやすいですね。

ほんと、田中さんの声は渋くてかっこいいです!!

しかし、なんと役の幅の広さでしょう。
変幻自在の声優すぎてどんな役でもできそうです。

ネットの反応は?

※こちら後ほど更新します。申し訳ございません。

まとめ

マスオさんの声が変わったとのことで、話題だったため田中秀幸さんの声について調べてみました。

まだ新しいマスオさんの声に聞きなれていないかと思いますが、三代目の声は声で素敵ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。