芸能

吉本興業の岡本社長の顔画像は?発言は冷たい?記者会見も

吉本興業の岡本社長の顔画像は?発言は冷たい?記者会見も

2019年7月20日に宮迫さん、亮さんの闇営業に関する生放送の会見を受けて、吉本興業の社長がついに動き出しました。

2019年7月20日のお二人の会見によりますと、事実を話したいとかって出た宮迫さん、亮さんに記者会見をするようならクビだと控えめに言ってもパワハラとなる発言を岡本社長はされたそうです。

宮迫さんに至っては30年間、吉本興業に育ててもらって感謝しかないと発言をされていますが、そんな信頼を寄せていた会社からクビだと言われてしまっては、相当メンタルがやられてしまったと思います。元はと言えば、、、という気もしますが。。。

今まで公の場に出てくることがなかった岡本社長ですが、どんな顔でどんな発言をされたのでしょうか。22日14時から都内の新宿区で記者会見を開くそうなのですが、どういった発言をされるのか注目が集まっています。

岡本社長の顔や発言内容がわかる謝罪動画

大変冷たい印象を受ける謝罪動画となりました。宮迫さんや亮さんの会見は号泣したり、感情的な印象に対してとても淡々していて、まるでカンペを読んでいるかのようですね。

この方だと宮迫さんと亮さんの発言に信ぴょう性が出てくる気もします。

記者会見の内容はどんなものに?

今回の騒動で様々な吉本興業の著名人が発言をしています。

↓加藤浩次さんと松本さんの発言の詳細はこちら。
https://yuki-news-site.work/entry/katoukouji-sukkiri-gekido-douga-inntai

その発言の内容はワイドナショーでの発言で、以下が内容になります。

番組では宮迫と田村亮の会見を見て、会社側への不満もあらわにした。

「僕の知らなかったことが多すぎて、だまされた気になった。ここまで追い込んだ、信頼関係がない会社はよくないし、吉本興業がこのままでは壊れていくという危機感を持った」

会社側が2人に謝罪会見をさせず引退を迫ったとされることなどについても、次のように語った。

「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」
「どうしてこんなことになったのか。横暴になっているのと違いますか」

松本が会社側を批判し、宮迫と田村亮を守る姿勢を見せたことで、状況が大きく変わる可能性がある。吉本興業は当初2人の会見を受けてすぐには会見しない姿勢だったが、松本が20日深夜に吉本興行側と直接交渉。ワイドナショーで率直に語ることを伝え、22日に会社側が会見することになった模様だ。

松本は、吉本興業の中に「松本興業」のようなものを作って、宮迫や田村らを引き取りたいと提案したことも明かした。会社側も「受け入れてくれた」としている。

引用:AERA

松本さんの発言によると、誤った行為をした芸人に対して、救済する会社を作るとみてとれますね。とても後輩思いで、こんな上司がいる会社に入りたいと誰しもが思われたと思います。

世間の声


 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。